抜かない歯列矯正

歯科矯正を行うとなると歯並びを整えるために移動するスペース確保の為に噛みあわせに影響のない歯を抜歯する事があります。健康な歯を抜くという面で抵抗を感じて中々歯科矯正に消極的な人もいる中、歯を抜かずに歯並びを整える非抜歯の矯正を勧めている歯科も中にはあります。
非抜歯の矯正の治療方法としては、主に3通りの方法があります。歯列自体を外側に広げる事で動かす空間を作る事、奥歯に歯を移動させれる場合には歯列全体を奥に移動する方法、一部歯を削って削ったスペースで整える方法があります。非抜歯の矯正の良い点は健康な歯自体を抜かない選択肢が出来るという点と、抜歯をする事で矯正期間がその分長くなるのを防ぎます。数多くある歯列矯正の治療法で歯を抜かない治療法は患者にとっても選択肢が広がるので満足いく治療方法を選択して受ける事が可能です。
非抜歯の矯正で注意したい点は歯列を外側に広げて行う場合や歯列全体を奥歯に移動させる方法は、噛みあわせを無視した歯並びになる場合もあり、歯茎への負担がかかる事もリスクとしてあります。この為、歯列の状態、顎の形など検査を通して矯正後に問題が生じないか医師とじっくり相談した上、非抜歯の選択が出来ると考え、場合によっては抜く事で歯の状態を最適にする事もある事を理解した上で治療の選択をします。