歯列矯正は何歳から始める?

小児の頃から歯科矯正をしている人も多くいる中、成人になってから始める人もいます。歯科矯正を何歳から始められるかについては、歯茎や歯が健康であれば定年後でもいつでも開始が可能です。
しかし、小児の頃から歯並びを整える事は多くのメリットがあると言われています。骨の発育に合わせて歯並びを整えるので大人になってからの骨と歯の大きさが合わない等の理由で外科手術を回避できる可能性も高く、骨の成長がほぼ完成する15歳前後の時期に部分矯正で済んだり、矯正をしなくてもよくなるといった事もあります。歯並びの悪さに後天的な原因として口呼吸や指しゃぶりなどの口癖がありますが、早期発見する事で歯並びの悪化を防ぐ事も可能です。コンプレックスにもなり兼ねない歯の矯正を小児の時期に行う事で思春期の時期も精神的にコンプレックスを抱えずに済むといった点もあります。
一方で小児から歯並びを整えても永久歯が生えてから矯正を再度行う場合もあり、治療が長期に渡る事、小児自体のやる気の問題もあり、なかなか思うように治療が進まないケースもあります。歯科矯正においては本人のやる気と努力が必要になってくる為、大人になって自ら歯並びを改善したいという意志が備わっていると治療にも前向きになり、永久歯からのスタートなので短期間で治療が終わる事もあります。

子供の歯列矯正

歯科矯正は、子供から大人まで年齢に関係なく行うことができます。子供の歯列矯正は、乳歯から永久歯に生え変わった頃が目安とされていますが、乳歯の時から歯並びが悪いと、乳歯より大きい永久歯はきれいに並ぶことはありません。そこで、乳歯のうちから、歯が並ぶためのスペースを作るために、骨を少しずつ広げていく治療が行われます。
永久歯が生え変わるのは、個人差がありますが、6歳前後になります。この頃には、永久歯の大きさも決まり、矯正を行うことができる段階です。子供の場合は、大人と違い、成長途中にあるために、歯の移動も早いという特徴があります。成長と共に、歯並びがきりえになるように、装置で誘導してあげることが可能です。そのために、大人の矯正より費用がかからないというメリットがあります。大人の矯正の半分から1/3程度の治療費で済むこともあります。
また、歯並びは見た目だけの問題ではなく、噛むことや、発音にも影響を与えます。子供の頃、ガタガタした歯並びで悪い発音の仕方を覚えてしまうと、大人になっても改善しないことがあります。うまく噛めないことで、胃腸への負担が増えてしましまうこともあります。歯科矯正はお口の中の状態によって、治療方法が異なるので、歯科医院で相談することが大切です。